あざとい女と言われ同性に嫌われる…そう悩んでいる女性へ伝えたいこと

「あざとい女と言われ、同性に嫌われる…自分ではそんなつもり全くないんだけど、どうしたらいいの?」

世の中にはこのような悩みを持っている女性もいるのではないでしょうか?自分では普通にしているつもりなのに、あざとい女って言われても戸惑いますよね。

僕はそんな女性に声を大にして伝えたいことがあります。

1.あざといは正義。同性に嫌われても気にするな

あざとい女と言われ、同性に嫌われて悩んでいる女性へ伝えたいこと、それは…

「あざといは正義。同性に嫌われても気にするな」

です。

「あざとい」は良いことです。トータルで考えると完全にプラスです。褒め言葉と捉えましょう。

同性に嫌われたって気にする必要はありません。世の中合う人もいれば合わない人もいる。当然あなたと合わずに嫌ってくる人もいる。ただそれだけのことです。

逆にみんなに好かれようとしているなら、それは欲しがり過ぎだと思いませんか?

あざといは正義です。ぜひ「あざとい女」をこれからも貫いてください。

2.同性に嫌われる代わりに男性に好かれる

例えば、あざとい女の服装を考えてみると、次のような感じでしょう。

  • 露出が多い服装
  • ボディラインが強調されている服装
  • ふわふわした女の子っぽい服装

例えば、あざとい女の行動を考えてみると、次のような感じでしょう。

  • 男に媚を売るような口調、接し方をする
  • やたらとボディータッチをする
  • 話すときに上目遣いで距離をつめてくる

男はこのようなあざとい女が大好きです。男は単純(バカ)だから、あざとい女が大好きです。僕もぶっちゃけ、あざとい女が大好きです。

つまり、あざとい女は同性に嫌われる代わりに、男性に好かれるんです。

世の中、全ての人に好かれようなんて無理な話です。男も女もみんなに好かれたい!なんて、それは欲しがりすぎです。あなたは同性に嫌われる以上に男性に好かれる。それで充分じゃないですか?

世の中には僕のように友達もいなければ彼女もできたことがない人間もいます。男にも女にも好かれない…それに比べたら、かなり恵まれていますよ。

3.あざとくて同性に嫌われる=同性に優秀な女と認められる

あざとい女はなぜ同性に嫌われるのか?僕は女性の「防衛本能」にあると考えます。防衛本能とは安定を脅かすものを排除しようとする本能です。

例えば、あなたに彼氏もしくは旦那さんがいたとしましょう。

そこにあざとい女が現れた→あざとい女は男にモテる→この女に自分の彼氏もしくは旦那を取られるかもしれない→安定が脅かされる→排除しよう

こんな感じの防衛本能が無意識に働き、あざとい女を嫌い、遠ざけようとするんです。

これを別の視点で考えてみると、

「あなたは同性から無意識の本能レベルで、男を惹きつける優秀な女と認められている」ということです。

そう考えると、これほど嬉しいことはないですよね?同性から本能レベルで認められているんですから。誇っていいと思います。

4.天然のあざとさは天から与えられた最強の武器

突然ですが、人間を含めた全ての生物の共通の使命は何だと思いますか?それは「子孫繁栄」です。このことに関しては何の疑いもないと思います。

子孫繁栄のためには、異性を惹きつける魅力が必要不可欠ですよね。

自分ではあざといつもりは全くないのに、あざとい女と言われて嫌われているとしたら、それは「天然のあざとさ」であり、子孫繁栄に必要な「異性を惹きつける魅力」を生まれながらに持っているということです。

要は、天然のあざとさは天から与えられた最強の武器だと言いたんです。強くてニューゲームみたいなものです。

実際にあなたは何もせずとも、勝手に男が寄ってくるのではないでしょうか?そのことを当たり前に思っているかもしれませんが、とても恵まれた状況ですよ。

あざとさという最強の武器を生まれ持ったことを、素直に喜びましょう。

5.歳を重ねたら、あざとさは勝手に消える

「あざといのは良いことなのかもしれないけど、やっぱり同性に嫌われたくない…」

大丈夫です。歳を重ねたらあざとさは勝手に消えます。早い人だと30代、遅くとも40代にもなれば、あざとさは魔法が解けたかのように消えます。

例えばあなたの周りに、あざとい40代の女性っていますか?いませんよね?若いときにあざとく見られていた行動が、歳を重ねると見合わなくなり、周りからはあざとく見えなくなるんです。

逆に考えると生まれ持った才能を無理やり消そうと悩んでも、時間の無駄です。歳を重ねればあざとさは勝手に消えるんだから、若いうちにあざとさという最強の武器を生かして人生を有意義に過ごしましょう。

6.まとめ

あざといは正義です。同性に嫌われたとしても全く気にする必要はありません。

なぜなら同性に嫌われる以上に男性に好かれるから。そして、あざとくて同性に嫌われるということは、同性が本能レベルで「男を惹きつける優秀な女」と認めているということです。むしろ誇らしいことと考えましょう。

自分ではあざとくしてるつもりはないとしたら、それは「天然のあざとさ」です。生物の使命「子孫繁栄」を達成するための、天から与えられた最強の武器です。

歳を重ねたらあざとさは勝手に消えるんですから、若いうちにあざとさを存分に発揮して人生を楽しみましょう!

また、もし同性の友達がいなくて悩んでいるとしたら、次の記事も合わせてご覧ください。何かの助けになるかもしれません。

以上、あざとい女と言われ同性に嫌われる…そう悩んでいる女性へ伝えたいこと…でした。

コメント