着る毛布で暖房いらずって本当?真冬を暖房なしで過ごしてみた

着る毛布

いよいよ冬の寒い季節が近づいてきました。防寒対策しないといけないですね。室内の防寒対策の1つに「着る毛布」があります。

着る毛布の謳い文句といえば「着る毛布で暖房いらず」ですよね。そんなフレーズを聞いて私は、

  • 「着る毛布で暖房いらずって言うけど本当?大げさなんじゃないの?」
  • 「もし暖房なしで過ごせたら、どれくらい節約できるんだろう…」

と疑問に思いました。同じような疑問を持つ人もいると思います。

そこで、この記事では

  • 着る毛布があれば暖房いらずで冬を越せるのか?
  • 暖房いらずで冬を越す方法
  • 暖房なしで冬を越した場合の電気代節約額

を紹介します。

私が去年、実際に試してみた結果なので参考になると思います。着る毛布を購入予定の方、着る毛布で暖房代を節約したい方はぜひご覧ください。

1.着る毛布+αがあれば暖房なしで冬を越せる(※北国を除く)

着る毛布を着れば暖房なしで冬を越せるのは本当です。私は2017年~2018年の冬を暖房なしで過ごすことに成功しました。

ただし、着る毛布「だけ」では厳しいと思います。着る毛布「+α」のアイテムがあれば暖房なしで冬を越せます。(※北国を除く)

・着る毛布だけだと足元が寒い

着る毛布だけだと上半身は暖かいのですが、下半身がどうしても寒いです。いくら着丈の長い着る毛布を買ったとしても、裾がはだけたりめくれたりで隙間ができます。足元がスースーします。

つまり、着る毛布でカバーしきれない足元を暖める+αのアイテムが必要になります。

・北国で暖房なしは無謀

私は現在、埼玉県に住んでいます。埼玉県の12月~3月の平均最高気温は9℃~13℃です。

ただし、室内はもうちょっと暖かいです。私の住んでいるワンルームの冬の室温は12℃~16℃くらいでした。これくらいの気温なら暖房なしでも充分冬を越せます。

しかし、北国の場合はどうでしょう?私は新潟県出身なので、北国の冬の厳しさも知っています。

ちなみに新潟県の12月~3月の平均最高気温は5℃~9℃です。意外と寒くないと思うかもしれませんが、太平洋側と違って雪の日が多く室温も上がりません。暖房なしだと顔や耳が冷たくて我慢できなくなってきます。

これが東北や北海道などのもっと北の県だったら、いくら着る毛布+αで防寒対策したとしても、顔や耳が冷たくて痛くて耐えられないでしょう。

北陸や東北・北海道などの北国で暖房なしは無謀だと思います。

2.私が暖房なしで冬を越した方法

それでは私が実際に暖房なしで冬を越した方法を紹介します。

私は一人暮らしで、部屋の中では主に椅子に座って過ごしています。なので普段のライフスタイルがソファーや椅子に座って過ごす人を想定しています。

(1)必要なもの

  • 着る毛布
  • ブランケット
  • 電気マット
  • 寝袋
  • 竿ピンチ

(2)手順

①電気マットを用意する

足先を暖めるために電気マットを用意します。体の末端は毛布で包んだだけではなかなか暖まらないので、外部熱源の電気マットで暖める必要があります。

電気マットは45cm×45cm程度の小さいタイプでOKです。

電気マット

私は手っ取り早く近所の家電量販店で買いました。私が買った電気マットの後継モデルはこちらです。

強弱切替機能がついています。強で使えばしっかり暖かいですし、弱だとじんわり暖かいです。好みで使い分けることができます。

②ブランケットを四つ折りにする

暖かそうなブランケットを近所のホームセンターなどで買ってください。ちょっと大きめのブランケットを選びましょう。幅は最低でも120cmあったほうがいいです。

私はニトリで130cm×150cmの「スローケット」というブランケットを買いました。

ブランケット

用意したブランケットを四つ折りにします。

四つ折りにしたブランケット

③ブランケットに電気マットをはさみこむ

四つ折りにしたブランケットの下から1枚目と2枚目の間に電気マットをはさみこみます。電気マットのスイッチはONにした状態ではさんでください。(まだコンセントには差さない)

ブランケットに電気マットをはさむ

ブランケットに電気マットをはさんだら、ブランケットがはだけないように端を4箇所くらい竿ピンチでとめます。竿ピンチはシーツ干しなどで風で飛ばないようにする大きめの洗濯バサミです。私は100均のダイソーで8個108円のものを買いました。

竿ピンチ

ブランケットを竿ピンチでとめる

すると、ブランケットが筒状になります。この筒状のブランケットに足を突っ込むわけです。

筒状のブランケット

なお、四つ折りの下から2枚目と3枚目の間に足を突っ込みます。そうすれば電気マットに足が直接触れないので、低温やけどすることもありません。

ブランケットに足を突っ込む

④寝袋に「電気マットをはさんだブランケット」を入れる

ブランケット+電気マットでも足先は充分暖かいのですが、太ももからふくらはぎあたりがまだ寒いです。そこで寝袋を使います。

用意した寝袋に先ほどの「電気マットをはさみこんだブランケット」を入れてチャックを締めます。

寝袋に電気マットをはさんだブランケットを入れる 寝袋のチャックを締める

寝袋から電気マットの電源コードを取り出し、コンセントに差します。寝袋の中では電気マットのスイッチONOFFがしにくいので、スイッチ付きコンセントで電源ONOFFすることをおすすめします。

スイッチ付きのコンセント

なお、寝袋はチャックが2つ付いていて両側から開け締めできるタイプを選んでください。チャックが1つだと電源コードが頭側からしか取り出せないので、取り回しが悪くなります。

ちなみに私が買った寝袋は、コールマンのパフォーマー2/C10です。気温が10℃でも快適に寝ることができる仕様になっています。

現在買うなら後継のパフォーマー3/C10が良いと思います。

⑤着る毛布を着て寝袋に足を突っ込む

最後に着る毛布を着て、寝袋の中のブランケットに足を突っ込みましょう。上半身から足先までポカポカですよ。もし寝袋が長すぎて邪魔だったら、写真のように1/3くらい折り返して調節してください。

着る毛布を着て寝袋に足を突っ込む

ちなみに私が着ている着る毛布は「グルーニー」です。着る毛布の定番ですね。

私は去年グルーニーを1着買ったのですが、今年も追加で1着買いました。なぜかというとサイズ選びに失敗したからです。

着る毛布「グルーニー」のサイズ選びについては下記の記事でまとめているので、グルーニーを購入予定の方は購入前に是非ご覧ください。

3.暖房なしの電気代節約額

着る毛布+αの暖房なしで過ごした結果、気になるのは電気代の節約額ですよね。どれくらい節約できたのか紹介します。

電気代節約額算出表 電気代の根拠

5ヶ月間で17,800円、月平均3,560円の電気代を節約することができました!ここから、着る毛布+αの購入代金を差し引いてみます。

実質電気代節約額

実質の節約額は5ヶ月間で7,000円、月平均1,400円でした!アイテム代金を差し引いても節約できていますね。

なお、節約前後で契約電力を30A→20Aに変えているので、基本料金が月280円ほど安くなっています。その金額を含んでの月1,400円の節約です。月1400円も節約できれば充分嬉しいですよね。

さらに翌年以降はアイテム代金がかからないので、電気代をまるまる節約できますよ!

4.着る毛布+αで暖房いらず!冬を乗りきろう!

世間でよくある「着る毛布で暖房いらず!」という宣伝文句は誇張表現だと思いましたが、着る毛布+αのアイテムがあれば暖房いらずなのは確かです。

ただ、北陸・東北・北海道など北国にお住まいの方は、暖房なしは無謀なのでやめておきましょう。

私は今年の冬も着る毛布+αで乗りきる予定です。なるべく節約して支出を抑えたいものですね。

今回紹介した方法は一人暮らしの方に向いていると思います。一人暮らしの人は家賃など支出が多くなりがちなので、節約のために一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

以上、着る毛布で暖房いらずって本当?真冬を暖房なしで過ごしてみた…の紹介でした。

コメント