街コンに潜むネットワークビジネス勧誘目的の女性の特徴

30代彼女いない歴=年齢の私は、決死の覚悟で望んだ人生最初の街コンでネットワークビジネスの餌食にかかってしまいました。

必死なモテないおっさんの心をもてあそばないでください・・・

ネットワークビジネスをざっと説明すると、口コミによって商品を広げていく仕組みを用いたビジネスのことです。「マルチ・レベル・マーケティング」や「マルチ商法」とも呼びます。

商品の購入者を販売員として勧誘するので、ピラミッド式に商品と販売員が広がっていきます。「アムウェイ」という会社が有名ですね。

違法なねずみ講に似ていますが、ネットワークビジネスは合法です。しかしながら無関係なあらゆる人間に片っ端から声をかけて勧誘することから、世間的には悪いイメージが圧倒的です。

そんなネットワークビジネス勧誘目的の女性と街コンで遭遇した自身の体験を元に、その特徴を紹介していきたいと思います。

1.1人で来ている

私は東京ドームを貸し切って行われた街コンに参加しました。男女5千人ずつ計1万人の非常に大規模な街コンです。

街コンは2人1組が参加条件のところが多いですが、今回の街コンは1人参加OK。友達ゼロの私には好都合です。

1人で参加したので、1人で来ている女性に声をかけたのですがこれがそもそもの間違いでした。

1人で来ている女性は高確率でネットワークビジネスかその類の勧誘目的です。

一般的には女性の心理として「周りと同じでありたい」「一人ぼっちが怖い」と思う傾向が男性よりも強いと言われています。

女性の心理=本能に逆らってまで1人で来ている女性は何か別の目的がある、怪しいと思うべきでした。

今回の街コンで知り合った4人の女性の内訳は次の通りです。

1人参加の女性Aさん:ネットワークビジネス勧誘目的
1人参加の女性Bさん:飲み会イベントのお誘いLINEを連投してくる人
2人組参加の女性Cさん、Dさん:普通の大学生

ちゃんと出会い目的で来ていたのは2人組参加の大学生だけでしたね。

2.謎の師匠やグループの話しばかりしてくる

ネットワークビジネス勧誘目的で街コンに参加する女性の特徴として「謎の師匠やグループ」の話ばかりしてくることが挙げられます。

私には〇〇さんって言う師匠がいるんだ~

師匠はビジネスをやっていて凄くお金を稼いでいるし、高級車に乗っているんだよ!

師匠には沢山の弟子がいて日々集まって学んでいるんだよ

みたいな話ばかりされます。

私が趣味などありきたりな質問をすれば答えてはくれるのですが、いつのまにか謎の師匠やグループの話に戻ります。女性から私個人を知ろうとする質問は一切ありません。

それではと思い、「師匠はどんな仕事をやっているの?」と聞くとなぜか濁されて答えてくれません。

今考えると明らかに怪しいのですが、当時の私は多少の違和感を感じていたものの全く気づきませんでした。鈍感です。

あと、謎の師匠やグループの特徴として、「師匠やグループのメンバーは互いをニックネームで呼び合っていること」があります。

例えば「セブン」とか「ジョン」とか。

後日談として私は謎の師匠やグループのメンバーと合うことになるのですが、全員が師匠から授かったニックネームで呼び合っていました。メンバーの本名を知ることは決してありません。

そこで私も師匠から「ピンク」というニックネームを授かりました。ありがとうございます。

3.同性の友達を一緒に探して欲しいと言ってくる

街コンは異性との出会いの場。普通だったら同性と話したいなんて欠片も思いませんよね。

しかしネットワークビジネスの女性は「同性の友達が欲しいんだよね」と言ってきます。

その時は私と同じで友達が少ない人なのかなぁという軽い考えで、一緒に他の女性に声をかけることにしました。この時に声をかけたのが先ほど2人組の大学生です。

「同性の友達が欲しい」=「性別問わずに多くの人と知り合いたい」ということだと思うので、ネットワークビジネス勧誘目的の可能性が高いですね。

4.ネットワークビジネスだと気づかなかった私の後日談

ネットワークビジネスの「ネ」の字も知らなかった当時の私は、その後もネットワークビジネスの女性と交流を続けることになります。その後日談を書いていきたいと思います。

(1)いきなり大人数の飲み会に誘われる

街コン後、ネットワークビジネスの女性からすぐにお誘いのLINEが来ます。

大人数が集まる飲み会があるんだけど一緒に来ない?

随分積極的だなぁなんて考えながらも、何で大人数の飲み会?という疑問が頭に浮かびました。だって、出会い目的で知り合った男女は、お互いのことをもっと知るために1対1でデートしますよね?

これには随分悩みました。そもそもコミュ障で大人数が苦手な私は、街コンにも勇気を振り絞って参加したのです。それをまた大人数の飲み会だと?めっちゃ行きたくない。

でもそこで新たな出会いがあるかもしれないし、一つの経験だと思って参加しました。まだネットワークビジネスだとは気づいていません。

しかし高額な絵画や壺を買わされるかもしれない。財布には必要最小限の現金のみを入れ、身分証明書は自宅に置いて参加しました。

参加してみたら言葉どおりの飲み会。参加人数は30人程度だったでしょうか。

でもちょっと違ったのはお互いをニックネームで呼び合うネットワークビジネスのメンバー達と師匠。

私と同じように何も知らずに呼ばれて参加した人も何人かいました。普通の飲み会を装って警戒心を解こうということなのかもしれません。

私は結局このような飲み会に2回参加しました。

(2)「金持ち父さん貧乏父さん」の本を勧められる

大人数の飲み会の帰り道に次のようなことを言われます。

オススメの本があるんだ~

お金の流れとか色々学べるんだよ!一緒に買いに行かない?

街コンで出会い、下心のある私には断ることが出来ません。近くのジュンク堂に一緒に行き本を購入します。

その本は「金持ち父さん貧乏父さん」です。

本の内容は「金持ちはお金のために働かない」とか「金持ちはお金を作り出す」とか「BやIクワドラント(ビジネスオーナーや投資家)を目指そう」みたいな感じです。人気シリーズの本で私も学生の頃に読んだことがあります。

後から知ったことですが、この金持ち父さん貧乏父さんシリーズはネットワークビジネスの勧誘アイテムとしてよく利用されるようですね。

この本以外にも師匠にオススメされて後日購入した本があります。「上京物語」と「心のブレーキの外し方」です。何か新しいことに挑戦しなきゃとモチベーションが高まる内容です。

ビジネス本

※実際に私が購入した本達

(3)謎の師匠に一緒に会おうと誘われる

その後、ネットワークビジネスの女性とは何回も会いました。

会うたびに出る話題は、謎の師匠やグループがいかに素晴らしいか、そこで一緒に学べば素晴らしい人生になるよ的なやつです。そして次のようなお誘いも頂きます。

一緒に師匠と会って色々聞いてみようよ!

ん?なんで師匠と会う?あなたにとっては師匠かもしれないが、私にとっては何者でもないぞ?聞きたいことなんて別にないと内心思いながらも、3,4回は師匠と会ったでしょうか。

その師匠は色んなアドバイスをくれます。名言みたいなことを言っていたような気がしますが、心ここにあらず状態だったのであまり覚えていません。

会った後に女性から師匠の連絡先を半強制的に教えられ、お礼のメールしておいてね!なんてことも言われます。

(4)謎のゲーム会に誘われる

これも女性と会った時やLINEで度々誘われました。謎のゲーム会です。

なんだか定期的にメンバー達で集まって、色んなボードゲームを持ち寄り遊んでいるらしいです。ゲーム会はとても楽しいし、お金のこととか学べるよみたいなことを言っていました。

私は結局ゲーム会には参加しませんでした。嫌なことから逃げ続ける性格がここではプラスに働きました。

ゲーム会に参加していないので憶測ではありますが、金持ち父さん貧乏父さんの著者考案の「キャッシュフロー」というボードゲームで遊ぶのではないでしょうか。

5.ネットワークビジネス勧誘目的の女性の特徴まとめ

街コン編

・1人できている
・全く関係のない謎の師匠やグループの話をしてくる
・異性との出会いの場なのに同性の友達を探している

共通編

・お互いをニックネームで呼び合っている。本名は知らない。
・「学ぼう」というワードを多用し直球的な勧誘はしてこない。
・「金持ち父さん貧乏父さん」という本を勧めてくる。
・師匠に会ってアドバイスを貰おう!と誘ってくる
・謎のゲーム会に誘われる

私は結局ネットワークビジネスに入会する前に気付き難を逃れました。ネットサーフィンをしている時にネットワークビジネスの記事をたまたま目にしたのです。

金持ち父さん貧乏父さん・・・師匠・・・ニックネーム・・・うっ、頭が・・・状態です。

ネットワークビジネスは違法ではないのでやるのは勝手ですが、全くその気のない人間に素性を隠して徐々に近づき、取り込もうとするのはほんとやめてほしいです。

全くその気のない人は勧誘の特徴をしっかり覚えて、引っかからないように気をつけましょうね!

コメント