ビューカード不要!モバイルのSuicaを年会費無料で使う方法(Android編)

  • 「モバイルSuicaを使いたいけど年会費を払いたくないなぁ…」
  • 「ビューカードなら年会費無料なのは知ってるけど、ビューカードを持っていない…」
  • 「モバイルSuicaだけのためにビューカードを作るのは嫌だ…他に年会費無料の方法ないの?」

こんな悩みや疑問を持っている人もいるのではないでしょうか?そこで本記事では次のことを紹介します。

  • ビューカードがなくてもモバイルのSuicaを年会費無料で使う方法
  • ビューカードよりもお得にSuicaチャージする方法

モバイルSuica公式ホームページでも公言されている方法なので、安心・確実に年会費無料になりますよ。

1.GooglePayのSuicaなら年会費無料

AndroidスマホでモバイルSuicaを使う場合、年会費1030円がかかります。ただし、登録クレジットカードをビューカードにすれば年会費無料ということはご存知の方が多いと思います。

しかし、ビューカードを持っていなくてもモバイルのSuicaを年会費無料にする方法があります。

それは、GooglePayのSuicaを使う方法です。

「GooglePayのSuica???」ってなりますよね。順を追って説明していきます。

2.年会費はSuica管理アプリによって変わる

そもそもスマホでSuicaを使うためには、Suicaを管理するアプリをインストールする必要があります。このSuica管理アプリは「モバイルSuica」が一般的です。しかし、Suica管理アプリはモバイルSuicaだけではありません。

「GooglePay」もSuica管理アプリの1つです。

要は、AndroidスマホでSuicaを使う場合の年会費の有無は、どのSuica管理アプリを使うかによって変わるということです。

年会費無料:GooglePayアプリを使う
年会費有料:モバイルSuicaアプリを使う

「モバイル端末のSuicaを使うこと=モバイルSuica」と勘違いしがちですが、モバイルSuicaは単なるSuica管理アプリ名です。

モバイル端末のSuicaを使うこと自体は、モバイルSuicaでもGooglePayでもどちらでもできますよ。

3.GooglePayとモバイルSuicaの違い

「GooglePayとモバイルSuicaはどちらもSuica管理アプリということはわかったけど、それじゃあ一体何が違うの?」

ということについて話したいと思います。

(1)管理できる電子マネーの種類が違う

1番の違いは管理できる電子マネーの種類です。

モバイルSuicaで管理できる電子マネーはSuicaのみですが、GooglePayはSuicaの他にnanaco、楽天Edy、WAON、QUICPayという計5種類の電子マネーをまとめて管理できます。

GooglePayはまさに電子マネーの一元管理アプリといえます。

管理できる電子マネーの種類

(2)GooglePayはモバイルSuicaの機能省略版

GooglePayはモバイルSuicaの機能省略版ともいえます。機能比較表を作成したのでご覧ください。

GooglePayとモバイルSuicaの機能比較表

GooglePayは定期券の購入など一部機能が省略されています。とはいえ、Suicaはチャージと公共機関や買い物で使えればそれでいいという人は、年会費無料のGooglePayで充分ですね。

(3)GooglePayとモバイルSuica両方入れてもSuicaは1つ

「GooglePayとモバイルSuicaを両方インストールしたらSuicaも2つになるの?」と疑問に思った人がいるかもしれません。

答えは1つのSuicaを共有することになります。

もともとモバイルSuicaでSuicaを使っている人がGooglePayをインストールした場合、モバイルSuicaのSuica情報がGooglePayにも自動的に共有されます。

GooglePayとモバイルSuicaのSuica残高は常に一緒ということです。

GooglePayとモバイルSuicaを入れてもSuicaは1つ GooglePayとモバイルSuicaを入れてもSuicaは2つじゃない

(4)GooglePayは確実に年会費無料

GooglePayは確実に年会費が無料です。

モバイルSuicaはビューカードを持っていないと年会費が無料になりません。ビューカードを作ろうにもクレジットカードの審査がありますし、ビューカードは謎審査で有名です。受かるかどうかもわかりません。

実際に私はビューカードの審査に1回落ちました…。モバイルSuicaを年会費無料にするには不確実性が伴うんですね。

当時もしGooglePayがあればビューカードを無理に作ることもなかったなぁと思っています。

4.GooglePayのSuicaの使い方

GooglePayを使えるのは「おサイフケータイ対応、Android5.0以上」のスマホです。自身のスマホが対応しているか確認してください。

確認できたらGooglePlayサイトにアクセスし「GooglePayアプリ」をダウンロード・インストールしてください。

(1)Suica発行

GooglePayを起動し進んでいくと、電子マネーの一覧が表示されます。「Suica」をチェックして「同意する」を押してください。

Suicaアカウント作成のために、メールアドレス等のユーザー情報を登録する画面が表示されます。情報を入力し「アカウント作成」を押せば、Suicaが発行されます。

すでにモバイルSuicaを利用中の方はSuicaを共有することになるので、アカウント作成はスキップされます。

(2)チャージする

GooglePayのSuicaへのチャージ方法は次の2つがあります。

①現金チャージ(コンビニ・券売機など)
②クレジットカードチャージ

現金チャージはカードタイプのSuicaと同じやり方です。ここではクレジットカードチャージのやり方を説明します。

GooglePayの「ホーム」画面でSuicaの「チャージ」を押します。

Suicaをチャージ

お支払い方法で「カードを追加」を押します。

お支払い方法で「カードを追加」を選ぶ

カード番号や有効期限・セキュリティーコードなどを入力し「保存」を押すとお支払い方法にクレジットカードが登録されます。

あとはチャージ金額を入力し、チャージ前後の残高を確認して「チャージする」を押せばチャージ完了です。

チャージ金額を入力

日本で発行されたクレジットカードほぼ全てでチャージ可能です。

(3)Suicaで支払う

支払い方はカードタイプのSuicaと一緒です。例えばSuica対応店舗の場合、Suicaで支払う旨を店員に伝え「タッチしてください」と言われたらレジ横のIC読み取り機にスマホをかざすだけです。

GooglePayを起動する必要もありませんし、スマホの電源を入れる必要もありません。スマホの充電が切れてても使えますよ。

5.Kyashでチャージすると凄くお得

GooglePayのSuicaにチャージするだけでも便利でいいのですが、もっとお得にチャージする方法があります。

それは「Kyash(キャッシュ)」でチャージする方法です。Kyashとはプリペイド式のVISAカードです。GooglePayにもクレジットカードとして登録できます。

Kyash

(1)還元率

Kyashの特徴は、クレジットカードと紐付けられることにあります。例えばGooglePayに登録したKyashからSuicaにチャージした場合、次のような流れになります。

GooglePayにkyashでチャージ①

kyashは2018年10月18日現在、2%キャッシュバックキャンペーンを行っています(終了時期未定)。還元率1%のクレジットカードを紐付けた場合、合計還元率は次のようになります。

GooglePayにkyashでチャージ②

Kyashに紐付けたクレジットカードの1%還元+Kyashのキャンペーンで2%還元=合計3%還元です。

ビューカードからモバイルSuicaにチャージした場合は1.5%還元なので、2倍の還元率ですね。凄くお得です。

(2)注意点

Suicaチャージは1回6000円以上が還元対象

Kyashの2%キャッシュキャンペーンにおいて、Suicaチャージの還元対象は1回6,000円以上です。1回6,000円未満のチャージは還元対象外になります。

例えば、1回5,000円のチャージを2回行ったとしても還元対象外ということです。

あくまでもチャージ累計額ではなく、チャージ1回の金額が6,000円以上である点に注意してください。

還元対象外のクレジットカードもある

数は多くありませんが、Kyash利用が還元対象外のクレジットカードもあります。

ポケットカード、ビューカード、楽天銀行デビットカードは対象外という情報をみたことがありますが、実際に検証してみないことにはわかりません。

ちなみに私はKyashに「REXカード」を紐付けています。

REXカード

REXカードはKyashの利用でもポイントが還元されることを実際に確認しました。

REXカードの還元率は1.25%で、年会費無料のクレジットカードの中では最高レベルです。また、還元ポイントは支払明細から直接値引きすることができるので、ポイントの使い道に困ることもありません。

REXカードを紐付けたKyashでGooglePayのSuicaにチャージすれば「REXカード1.25%+Kyashキャンペーン2%=3.25%還元」を実現できますよ。

Kyashにどのクレジットカードを紐付ければいいか迷う人には、確実に高還元な「REXカード」をおすすめします。

REXカードの申し込みは下記公式ホームページよりどうぞ。

REXカード公式ホームページ

6.GooglePayでSuicaを使おう!

GooglePayのSuicaならビューカードを持っていなくても年会費無料で使うことができます。

GooglePayの使い方はとても簡単。GooglePayアプリをインストールして「Suica発行」→「チャージする」→「Suicaで支払う」の3ステップです。

また、KyashからGooglePayのSuicaへチャージすれば、還元率3%以上も実現可能なので是非試してみてくださいね。

以上、ビューカード不要!モバイルのSuicaを年会費無料で使う方法(Android編)…の紹介でした。

コメント