LINE Outで格安SIMの電話代を節約!使い方など解説します

格安SIMの魅力といえばパケット料金の安さ。しかし通話料金が別途従量制なので、通話時間が気になるという人もいるのではないでしょうか?

5分や10分といった短時間のかけ放題プランもありますが、そもそも格安SIMにするような人は、かけ放題プランが必要なほど電話をしないはずです。

私も2年前からmineoという格安SIM事業者を使っていますが、電話する時にどうしても通話料金が気になって仕方ありません。

少しでも通話料金が安くなる方法がないかと思っていたところ「LINE Out」というサービスを知り、通話料金を節約することに成功しました。

そんな経験を元に、LINE Outを使うと通話料金が安くなる理由や使い方、実際に使ってみて気付いた点、節約額などを紹介したいと思います。

1.LINE Outを使えば通話料金が格安になる。無料になることも多い。

「LINE Out」とは国内外の携帯・固定電話への通話料金が、格安もしくは無料になるサービスです。メッセージアプリのLINEに搭載されています。

LINEで無料通話といえば「LINEの無料通話」があります。LINEの友達同士なら無料で通話できる機能です。LINEユーザーならよく利用していると思います。

その「LINEの無料通話」と「LINE Out」は何が違うの?と疑問に思うかもしれません。

LIINEの無料通話はLINEの友だちに限って無料通話できます。LINEで友だちになっていない人や、そもそもLINEをインストールしていない人とは無料通話できません。

LINE OutはLINEをインストールしていない人の携帯電話や、お店などの固定電話に格安(もしくは無料)で電話をかけられます。

LINEの無料通話:LINE友だち限定で通話できる
LINE Out:LINE友だち以外の携帯や固定電話へ自由に電話できる
LINEの無料通話とLINE Outは別物の機能

LINEの無料通話とLINE Outは両方ともLINEアプリの中に入っていますが、LINE Outの存在感は非常に薄いです。私もLINE Outに気付いたのは今年に入ってからです。お得なのに早く気付けば良かったと思っています。

(1)LINE Outの通話料金(有料通話)

それではLINE Outの格安な通話料金を紹介していきたいと思います。まず有料通話の料金体系から。

LINE Outには2つの有料通話プランがあります。「コールクレジットプラン」「30日プラン」です。

それぞれの料金は次の通りです。

通話料金表

私の使っている格安SIMのmineoでLINE Outを使わない場合、固定、携帯電話共に最低でも1分20円かかります。

しかし、LINE Outを使えばコールクレジットプランの場合、固定電話宛なら1分3円、携帯電話宛なら1分14円と割安です。

特に固定電話宛は圧倒的な安さですね。

よくわからない人はコールクレジットプランを選ぼう

それぞれの料金プランについて簡単に説明します。

コールクレジットプランとはコールクレジットと呼ばれるポイントをあらかじめ購入し、そのポイント残高内で通話できるプランです。

例えば、あらかじめ120円分のコールクレジットを購入した場合、固定電話宛だったら1分3円なので40分間話せるということです。

30日プランとは購入から30日間、月額料金で決められた時間まで通話できるプランです。

例えば30日プランの「固定電話のみ60分上限コース」を選択した場合、月額120円で固定電話へ60分間通話できます。

つまり30日間の中で固定電話へピッタリ60分通話した場合、1分あたり2円になるので1分3円のコールクレジットプランよりお得になります。

ただし、30日プランは自分の電話利用状況をしっかり把握した上で適切なコースを選ばないと、コールクレジットプランより割高になってしまう可能性があります。

毎月、固定電話と携帯電話へどのくらい電話かけてるなんて把握してない人が大半だと思います。

ですので、よくわからない人はコールクレジットプランを選べば間違いないです。

コールクレジットプランでも充分割安です。私もコールクレジットプランを選択しています。

(2)LINE Outの無料通話

ここまではLINE Outの有料通話について説明しました。しかしLINE Outは有料通話だけではありません。

無料通話できます!

LINE Outで無料通話する方法は次の2つがあります。

  • 広告を見て無料通話できる「LINE Out free」
  • 全国のお店や公共施設、商業施設などへの無料通話

①広告を見て無料通話できる「LINE Out free」

LINE Outには15秒以上の広告を見れば無料通話できる、LINE Out freeという仕組みがあります。

LINE Out freeを選択して発信すれば「携帯電話宛なら1分間、固定電話宛なら3分間、1日5回まで」無料通話することができます。(日本国内の場合)

短い時間なので利用シーンが限られてきますが、お急ぎでない時や一言だけ要件を伝えたい時などに使えそうです。

②全国のお店や公共施設、商業施設などへの無料通話

LINE Outでは無料通話ができる全国のお店や公共施設・商業施設などが数多くあります。

無料通話できるお店は電話番号を入力した段階で「無料通話」と表示されるのですぐわかります。

例えば適当に施設の電話番号を入力してみます。

LINEOutのスクリーンショットLINEOutのスクリーンショットLINEOutのスクリーンショットLINEOutのスクリーンショット

適当に入力した施設は全て無料通話できることがわかりました。

全てのお店とは言いませんが、全国各地のお店や施設に無料通話できる可能性は非常に高いです。

2.LINE Outの使い方

LINE OutはLINEアプリの中に入っているので、LINEをご利用中の方は新たにアプリをインストールする必要はありません。

LINEを使っていない人はApp StoreかGoogle PlayでLINEアプリをダウンロード・インストールしましょう。

(1)LINE Outで電話をかける

①通話画面にアクセス

LINE Outで電話をかけるには、まず通話画面にアクセスする必要があります。

通話画面にアクセスするには次の2つの方法があります。

  • ホーム画面にLINE Outのショートカットを作成する
  • LINEアプリ内に通話タブを作成する

どちらも簡単なので、お好きな方を選んで下さい。

ホーム画面にLINE Outのショートカットを作成する

LINEの「友だちタブ」→「設定(歯車マーク」→「LINE Out」をタップ。

LINEOutの設定

「ホーム画面に追加」をタップ。「ホーム画面にショートカットを作成しますか?」と聞かれるので「OK」をタップ。

LINEOutの設定

ホーム画面にショートカットアイコンが作成されます。そのアイコンをタップすると、通話画面にアクセスすることができます。

LINEOutの設定

LINEアプリ内に通話タブを作成する

LINEアプリ内の「ニュースタブ」を「通話タブ」に変更する方法です。ニュースタブが必要ないという人はこの方法でも良いです。

LINEの「友だちタブ」→「設定(歯車マーク」→「通話」をタップ。

「通話/ニュースタブ表示」をタップし、「通話」にチェックを入れる。

LINEOutの設定

LINEトップの「ニュースタブ」が「通話タブ」に切り替わります。通話タブをタップすると、通話画面にアクセスできるようになります。

LINEOutの設定

②発信

通話画面にアクセスしたら、LINE Outで電話をかけることができます。電話のかけ方には次の2つの方法があります。

  • 電話番号を直接入力する
  • 連絡先から選択する
電話番号を直接入力する

通話画面右上の「ダイヤルマーク」をタップ

LINEOutの発信

電話番号を入力する画面が表示されるので、番号を入力します。

この時、無料通話できる電話番号だと「無料通話」と表示され、有料だと「料金」が表示されます。

LINEOutの発信 LINEOutの発信

料金が表示された場合、コールクレジットがないと発信できないので先に購入して下さい。(この後説明する「(2)LINE Outのコールクレジットを購入する。」を参照)

有料だった場合でもLINE Out freeを選択すれば、広告が流れた後に制限時間内で無料通話できます。

画面上部の「LINE Out」→「LINE Out free」を選択。「○分の無料通話を利用できます」と表示されます。

LINEOutの発信

準備が整ったら、画面下部の「電話マーク」をタップで発信です。

連絡先から選択する

通話画面右上の「人マーク」をタップ

LINEOutの発信

連絡先が表示されるので、発信したい電話番号右側の「電話発信マーク」をタップ。

LINEOutの発信

電話番号が入力された状態の画面が表示されます。

あとは先ほどの「電話番号を直接入力する」場合と同じ流れで発信して下さい。

(2)LINE Outのコールクレジットを購入する。

LINE Outで有料通話する場合、あらかじめ「コールクレジット」を購入しておく必要があります。1コールクレジット=1円です。

購入方法には次の2つがあります。

  • LINEアプリ内で購入する
  • LINE STOREで購入する

LINEアプリ内で購入する

LINEの「友だちタブ」→「設定(歯車マーク」→「LINE Out」をタップ。

「コールクレジットを購入」をタップ。

LINEOutの課金

LINEアプリ内では240円分のコールクレジットのみ購入することができます。

「購入する」をタップし、あとは案内に従って購入手続きをして下さい。

LINE STOREで購入する

ブラウザでLINE STORE(https://store.line.me/home/ja)にアクセスし、左上の「メニューボタン」→「LINE Out」とタップして下さい。

LINEOutの課金

ここでは120、360、600、1200、3600、6000円分いずれかのコールクレジットを選択できます。

また、30日プランもこの画面で購入することができます。希望のプランを選択し、あとは案内に従って購入手続きをして下さい。

LINEOutの課金

3.実際にLINE Outを使って気付いた点

約半年、実際にLINE Outを利用して気付いた点を述べたいと思います。

(1)音質は普通の電話と変わらないけど、若干のラグがある

電話をする時に気になるのは音質です。

LINE Outの音質は一般電話と変わらず問題ありませんでした。相手の声が聞き取りづらいとか、相手に何度も聞き返されるということはなかったです。

ただ、会話に若干のラグ(遅延)を感じます。質問したらワンテンポ遅れて回答される感じです。

でも、このラグを感じるのも通話し始めだけで、通話を続けているとテンポよく会話できるようになってきます。

ラグにお互い慣れてくるからなのか、パケットの流れがだんだん良くなってくるからなのかわかりませんが、通話の終盤にはラグが気にならなくなっています。不思議です。

どちらにせよLINE Outはパケット通信を利用しているので、電波状態の良い場所や通信速度制限がかかっていない状態でお試し下さい。

(2)番号通知は頭に81が付く

LINE Outで電話をかける場合、相手への番号通知は頭に国際番号形式の「81」が付きます。

自分の電話番号が「090-1234-xxxx」の場合、相手には「8190-1234-xxxx」と表示されます。

また、通話先がドコモやソフトバンクの場合、「通知不可能」または「非通知」と表示されます。

これはLINE Outの仕様の問題なのでどうにもなりません。

お店への電話だったら頭に81が付いていようが、出てくれるので問題ないです。

でも個人携帯への電話だと不審に思われる可能性があるので、事前にこのことを伝えておくか、LINE Out使う相手を選ぶ必要があるでしょう。

(3)コールクレジットの有効期限問題

コールクレジットには購入から180日間の有効期限があります。

コールクレジットの最小購入金額は120円です。通話時間に直すと固定電話宛なら40分。

つまり、通話時間が6ヶ月間で40分に満たなかった場合、余ったコールクレジットは消滅します。

「6ヶ月間で40分以上は電話するだろ~」と思った方・・・無職で友達ゼロの私を甘く見ないで下さい。充分あり得ます。

実際に私の使用履歴を確認したところ、2月21日~本日7月22日までの5ヶ月間の使用金額は80円(40コイン=80コールクレジット。コインについてはこのあと説明します)。

LINEOutの課金履歴 LINEOutの課金履歴

 

今後1ヶ月料金が発生しなければ、コールクレジット40円分が消滅してしまいます。私にとっては充分あり得るシチュエーションです。

AndroidはLINEコイン利用、iOSはアプリ内購入で無期限になる

私は事前にコールクレジットの有効期限問題に気付き、「LINEコイン」でLINE Outを利用していました。

LINEコインとはLINEスタンプとかを購入するのに使うお金で、有効期限は無期限です。Android版のみですが、コインをLINE Outに利用できます。有効期限を気にする必要もなくなります。

LINE OutでLINEコインを利用する設定手順は次の通りです。(Android版のみ)

LINEの「友だちタブ」→「設定(歯車マーク」→「LINE Out」をタップ。

「コールクレジットを購入」をタップ。

「LINEコインをLINE Outに使用」にチェックを入れる。

LINEOutの設定

なお、iOSの場合はLINE STOREではなくアプリ内で購入すればコールクレジットが無期限になります。

私のような例は極端なので、普通の人なら有効期限を心配する必要はないかと思いますが、コールクレジットの買い方には注意して下さい。意外と無料通話できるのでコールクレジットがなかなか減りません。

先ほどの私の使用履歴を見ると、半分以上が無料通話です。コールクレジットがなかなか減らないことがわかります。(0クレジットって書いているのが無料通話)

コールクレジットの有効期限をまとめると次の通りです。

LINEOutの有効期限

4.結局どれくらい節約できたの?

結局どれくらい節約できたのか、計算してみました!

LINEOutの節約額

LINE Outを使わなかった場合は合計1010円。LINE Outを実際に使ったら合計80円だったので、節約額は合計930円となりました!

期間を約4ヶ月と考え、1ヶ月あたりの節約額を算出します。

LINE Outを使わなかった場合は1ヶ月で約250円かかるところがLINE Out使用で1ヶ月20円。1ヶ月あたり約230円の節約です。

「なんだ、大したことない金額だなぁ」なんて思わないで下さい。

割引率で考えれば約9割引きです。5kg3000円の魚沼産コシヒカリが特売300円で売っていたら飛びつきますよね!?

まあ割引率で考えるのはちょっと強引かもしれません。

でも携帯代の月額プランが月230円割り引かれると考えると、得をした気分になりますよね。

LINE Outは有料通話も安いんですが、やはり無料通話できるお店が多いことがとても大きいと感じました。やって良かったです。

5.おわりに

LINE Outは割安な料金で通話できる素晴らしいサービスです。特に固定電話への通話料金は格安といえるでしょう。多くのお店に無料通話もできます。

次のような人はLINE Outを利用することで通話料金がお得になる可能性が高いです。是非導入しましょう。

  • 格安SIMを使っていて、携帯への電話はLIINEの無料通話でほとんど済ませられる人。そして固定電話には普通電話をかけている人。
  • ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアで電話かけ放題プランを使ってはいるものの、電話利用状況が上記と同じような人は、格安SIMに変更してLINE Outを利用したほうが良い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました